風の強い朝、2053年に1億人割れの記事に思う。

未明から凄い風が吹いていた。ゴミ箱の蓋が飛び、慌てて取りに飛び出した朝。
出勤を車に変更、新地あたりを走っていたら、空の瓶のケースが後部に激突。
人でなくてよかった。傷もついてなかった。

2017年4月11日(火)日経新聞朝刊1面より
出生率1.44、2053年に1億人割れ、働き手4割減、50年後8808万人

まるで初めて分かったかのような記事だ。
そんなことはずっと前からわかってただろうに、何を今さら。
この国の政治は政治家とそのお友達のもの。
この国の未来は未来の人たち任せだ。
子供を持つ親ですら、そんな感じ。
この国に未来はない。
気づいた時にはもう遅い。
今から20年以上前からそうなることは予想できていたはずだ。
いや、俺たちが子供のころの40年前には学校の授業ではすでにそんなことを言ってた記憶がある。
いつか国民が気づき、どこかで止まるのかと思っていたがもう望みはないだろう。
日本の将来を本気で考える政治はこの国には望めない。
結局自分さえよければそれでいいって国なんだよ。

って思う朝だった。

関連記事
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6236182

今朝のニュース記事から2017年4月7日

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170407-00000005-mai-soci
><千葉県>戦争公文書500冊廃棄 戦没者名簿など

世の中、戦争を知らない世代だけになり、先人たちの悲しみや思いは何処へと消えていくのだろうか。
「特に問題ない」「適切に処理」そんな感じでまたいつもと同じ日々が続いていく。

いつになれば、気づくのだろうか。
気づいたときはきっと手遅れで、また深い悲しみと反省が繰り返されていくんだろうな。100年後くらいにまた同じこと繰り返すんだろうけどね。

今朝の出来事メモ

なんかいまいちな11月1日なのでメモ。

  • 朝電車に乗るために並んだら、先日電車内で険悪になったカップルがいた。
  • 次の駅でデブでロン毛なやつにぐいぐい押されて挟まて身動きできず。
  • 梅田で改札を通ろうとしたら寸前に前から定期券入れられてコースを変えた。
  • いつものコンビニでヘルシア緑茶を買うために3分くらい並んでレジに行ったら「ちゃんと並びました?」って店員に言われた。
  • 西天満小学校前の交差点で軽自動車が進入禁止の方に突っ込んで、交通整理のおっさんに止められてた。その先で右折しようとしたらそこも進入禁止。ここはそのルートじゃ絶対に入れない。

Thirteen(13才)

Thirteen(13才) @1981

遠くへ続く この道を
まっすぐ行けば あの通りへ

見上げた青い空 流れる風に
心に描いた 思いを乗せて

西に傾きかけた太陽を 追いかけて
夕暮れ迫る空に輝いてたあの雲を
追いかけるように 自転車を走らせた

遠くへ続く この道を
まっすぐ行けば見える 橋の向こうに

遠くに続く あの道を
まっすぐ行けば あの通りへ

見下ろせば広がる 夕暮れの街
透き通る川の流れに 思いを乗せて

西に傾きかけた太陽を追いかけて
夕暮れ染まる空に瞬いたあの星を
追いかけるように 空を羽ばたいた

遠くに続く あの道を
まっすぐ行けば 届くかなこの思い
夢の続き信じて

written & played & photo by Ryo-Nobu @1981


ギターを手にして初めて作詞作曲をした曲です。
もう今から36年前になりますが、僕の記憶の中にしかなかったので、ちゃんと記録に残そうと思い、レコーディングしました。

原曲はアコースティックギター1本の3フィンガーの曲だったのですが、リアレンジしました。ていうか誰も知らないからこれが原曲ですね。

僕の田舎の城下町、お城のあった公園から見下ろす球磨川や町並みが、夕暮れにそまる美しい風景。少年の僕はそんな風景を日常に感じながら未来を想像してたんだな。

so.ra.ta.ka.ku(空高く)

so.ra.ta.ka.ku(空高く)  @2015

そっと目を閉じて 耳を澄ませば
聞こえてくるのさ 南風に乗って

打ち寄せる波の 崩れた音が
リズムを刻んで 青空に溶けた

君が好きなあの空は どこまでもつながっているんだから
君の信じた道をまっすぐに 歩いて行けばいいのさ

空高く 舞い上がれ

いつか思い描いたその道を まっすぐに歩いて行くのさ
君の瞳に映るあの空を 信じて歩いて行けばいい

空高く 舞い上がれ

空高く

written & played & photo by Ryo-Nobu @2015


2015年に作った新曲。基本となっているリフのフレーズは20代前半頃によく弾いていたので、これを使って書きました。当時(今も)大好きなNew Orderの影響を強く受けています。

僕のいる会社のサテライトオフィスがある徳島県美波町の風景を思い浮かべながら作った歌詞です。

写真は美波町の神社にあるクスノキ。